更新日: 著者:
関連タグ:

YouTubeライブ配信のやり方・始め方!やってみた感想!

  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket

YouTubeライブ配信を始めよう!

YoutubeライブはYouTubeからリアルタイムに動画配信をするサービスです。

所謂、生中継ができます。

「動画配信」と聞くと難しそうに感じますが、Youtubeライブのやり方は簡単です。

  • YouTubeライブ配信はGoogleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。
  • パソコン経由であればチャンネル登録者数0でも動画配信できます。
  • モバイル経由であればチャンネル登録者数1,000人以上で動画配信ができます。
  • 動画配信をしながら視聴者とリアルタイムにチャットできます。
  • 配信した動画はアーカイブに保存されます。

当記事では、YouTubeライブが初めてという方を対象に、YouTubeライブ配信のやり方・始め方を解説します。

スポンサーリンク

YouTubeライブ配信のやり方(パソコンから)

YouTubeを使った動画配信はパソコン経由とスマホ経由が主。

パソコン経由では、チャンネル登録者数0人からでもYouTubeライブ配信を始められますが、スマホ経由はチャンネル登録者数1,000人を超えないとできません。

パソコンからYouTubeライブ配信をするやり方は以下の手順です。

まずは、YouTubeライブ配信に必要な機材を用意しましょう。

  • パソコン
  • カメラ
  • マイク

ほとんどのパソコンはカメラ・マイクは内蔵しますが、別売りのカメラの購入をおすすめします。

1,000円台のカメラであっても、パソコン内蔵カメラよりは画質が良いです。

私はカメラ・マイクともLogicoolの「HD Webcam C270」を使っています。

[amazon_link asins=’B07QMKND9M’ template=’amazon’ store=’kotone00-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d5d9de54-1d2c-4d54-985e-a50d0495a62f’]

YouTubeにアクセス

用意ができたら、YouTubeにアクセスします。

次に右上にあるカメラのアイコンからライブ配信を開始をクリックします。

YouTubeスタジオ

動画配信は動画配信管理ツール「YouTubeスタジオ」を通じて行われます。Youtubeスタジオは視聴者の分析もできますよ。

Youtubeスタジオが開いたら最初にカメラとマイクへのアクセスを許可して下さい。

次に、動画配信の情報を入力します。入力する情報は以下のとおりです。

タイトル

そのままタイトルを入力します。

公開範囲

YouTubeライブでは公開範囲を決められます。公開範囲は以下のとおりです。

  • 公開(誰でも検索と視聴が可能)
  • 限定公開(リンクを知っている人が視聴可能)
  • 非公開(本人のみ視聴可能)

YouTubeを使った動画配信が初めての方は「非公開」でテストする事をおすすめします。

この動画は子ども向けか?

YouTubeライブ配信をする際には動画配信の内容が子ども向けかどうか申告する必要があります

年齢制限

動画を18歳以上の方に限定して公開したい場合はここで設定します。

その他オプション

動画配信の説明を追加し、ブログのリンクを貼れます。また、マイクやカメラの設定もここで行います。

以下の設定

以下の設定が終わったら次へをクリックします。

サムネイルの写真

次へをクリックすると、サムネイルの写真を撮られます。

もっとカッコイイ写真がある時はポインタを画面に移動すると”カスタムサムネイルをアップロード”が表示されます。

ライブ配信を開始

サムネイルが決まったらライブ配信を開始をクリックします。

動画配信がはじまります。

ライブ動画配信がはじまります。

右は、チャット欄です。

視聴者とリアルタイムでやり取りができます。

ライブ配信を終了をクリックすると動画配信が終わります。

動画配信終了後、しばらくするとチャンネルにアーカイブとして保存されます。

以上が最も簡単なYouTubeライブを使った動画配信の方法です。

動画にこだわりたい方はOBSの動画配信ソフトを利用するのもおすすめです。

YouTubeライブ配信でNGな動画は?

YouTubeライブ配信でNGな動画

Youtubeライブ配信をする前にNGな動画をチェックしておきましょう。

YouTubeでは主に以下の動画を禁止しています。禁止事項に触れた動画は削除されます。

  • 直接、潜在に関わらず脅しを含んだ動画
  • コメントを使って嫌がらせをするチャンネル
  • 人種・性別・性的志向などに関して、侮辱するような動画
  • 他人の著作物を転載した動画
  • 過激なカスタムサムネイルを持つ動画
  • YouTubeコミュニティガイドラインに準拠しない外部リンクを貼った動画
  • 重大な被害を招く可能性がある危険な活動を助長する動画

要するに、「常識の範囲でYouTubeライブをしましょう!」という事になります。

なお、禁止事項に触れた動画は削除にとどまらず、警察沙汰や訴訟に発展する場合もあるのでご注意下さい。

YouTubeライブを使ってみた感想

YouTubeライブを使ってみた感想

YouTubeライブ自体はとても使いやすく、初めての方でもすぐに動画配信できます。私も初めて「YouTubeライブ配信」をやってみましたが、何の迷いもなく動画配信ができました。

また、公開範囲を設定できる点も便利でした。

”非公開”でテストしてから本番に臨むと、スムーズに動画配信できます!

YouTubeライブはパソコンに対する負荷も低いようで、一度もクラッシュする事はありませんでした。

SNSの活用が大切

より多くの方に見てもらうにはSNSの活用が大切です。

”ストリームのプレビュー”で共有をクリックすると、SNSにシェアできます。

TwitterやFacebookからYouTubeライブへ

また、TwitterやFacebookからYouTubeライブへ誘導するように事前告知すると良いでしょう。

「ユーチューバー」を目指す方はコツコツと動画を作ってSNSで告知していくなど、チャンネル登録者数を増やす工夫が必要です。

YouTubeライブ配信のやり方まとめ

最後に、YouTubeライブ配信のやり方についてまとめておきます。

  • YouTubeライブ配信はGoogleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。
  • パソコン・カメラ・マイク・インターネット環境を用意しましょう!
  • パソコン経由であればチャンネル登録者数0でも動画配信できます。
  • モバイル経由であればチャンネル登録者数1,000人以上で動画配信ができます。
  • 動画配信をしながら視聴者とリアルタイムにチャットできます。
  • 配信した動画はアーカイブに保存されます。

YouTubeライブ配信は視聴者に声がちゃんと届くように話すのが重要!

集音マイクの購入もご検討ください。

ユーチューバーの第一歩。ぜひ、あなたもユーチューバーを目指してみませんか。

なお、ビデオ会議に便利なアプリとしては”Zoom”をおすすめします。
zoomとは?web会議・web電話に便利!特徴や料金、使い方を解説します!
skypeからzoomへ乗り換えよう!skypeとzoomの比較をしてみた!

以上、YouTubeライブ配信のやり方・始め方の解説でした。

この記事の著者

新田 浩之
新田 浩之
Hiroshi Nitta
1987年兵庫県神戸市生まれ。2013年神戸大学大学院国際文化学研究科修了。関西の鉄道をはじめ、中欧・東欧・ロシアの鉄道旅行、歴史について執筆。マイナビニュースや東洋経済オンラインなどのWEBメディアでライター活動をしている。2018年から1年間、チェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー2018」を務める。趣味は読書、海外旅行、鉄道旅行、時刻表を読むこと。また、最近はミニイベントの企画・運営も楽しんでいたりする。

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

こちらの記事も読まれてます。

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報