更新日: 公開日: 著者:
関連タグ:

無料SSL証明書「Let’s Encrypt」とは?エックスサーバーでの設定方法!

  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket
  • LINE
かずき(@webboyjp

今はサイトを暗号化(https)するのは必須事項!独自SSLは有料だと思って後回しにしてちゃ駄目です!エックスサーバーは無料でサイトを暗号化(https)できる無料SSL証明書「Let’s Encrypt」に対応しています!

独自SSL化(https)って費用要るよね?」

あまり費用はかけないくないのは正直な気持ち。

ドメイン費用にレンタルサーバー費用、サイト運営ではいくつか定額の費用がかかります。

そこに、

独自SSL…
SSL証明書…

「なんとなくはわかるけど、費用がかかるのは…」

独自SSLは、運営サイトのURLを「https」にする事。これをしないとサイトのセキュリティが弱いままだし、SEO(検索エンジン最適化)にも不利…。

そこで、知って欲しい事として、人気レンタルサーバー「エックスサーバー」では、無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を提供しています。

無料SSL証明書を使えば、

独自SSL化(https)に費用がかからない!

これは使わない手はないです!

当記事では、エックスサーバーで使える無料SSL証明書「Let’s Encrypt」についてさくっと!紹介します。

スポンサーリンク

無料SSL証明書「Let’s Encrypt」とは?

Let’s Encrypt」はhttps(暗号化)の普及を目的に、大手IT企業などがスポンサーとなってSSL証明書を無料で発行するプロジェクトです。

いつから?

2015年9月にベータ版が開始、2016年4月に正式版が開始されました。

費用は?

無料です。

エックスサーバーでは、無料・サイト数無制限で利用できます。

更新作業

有料のSSL証明書は、契約年数に応じて更新作業が必要で、毎年費用がかかります。

しかし、「Let’s Encrypt」はエックスサーバーでは自動更新なので、更新忘れを防げます。

個人レベルのサイト・規模の小さいサイトでは、無料SSL証明書「Let’s Encrypt」で十分快適なサイト運営をしていけるので、有料のSSL証明書は認知するくらいで「Let’s Encrypt」を使っていくのをおすすめします。

SSL(SSL証明書)とは?

そもそも”SSL(SSL証明書)”は、「Secure Socket Layer」の略で、サイト上で通信される情報を暗号化して安心安全にデータを送受信する世界標準のセキュリティ技術・仕組みです。

SSL化されているWebサイトやネットショップでは、メールフォームやネットショッピングの決済ページでよく使われており、個人情報・クレジットカード情報・パスワード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

ハッカーなどによる「盗聴」「改ざん」「なりすまし」などのネット犯罪の危険性が高まっている今、サイトの安全性を備える上で必須事項となってきています。

https(暗号化)にすることで、ユーザーは「このwebサイトは安全だ!」と印象をもってくれます。

これからWebサイトやブログを作られる方、まだ独自SSLにしていない方は、独自SSL化は必須・常識なので、ユーザーの為に、Webサイトの為に、自分の為に、独自SSL(https)をしましょう!

エックスサーバーでの無料SSL証明書の設定方法!

エックスサーバーは独自SSL化(https)無料でできます!

設定は凄く簡単!

エックスサーバーのサーバーパネルを開きます。
”ドメイン”のSSL設定をクリック。

SSL設定をクリック

”SSL設定”画面で独自SSL設定追加タブをクリック。

独自SSL設定追加

設定対象ドメインを選択して、確認画面へ進むをクリック。

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する”へのチェックは不要です。

”設定状況確認”で追加するをクリックしたら独自SSL化(https)の設定完了でです!

反映には時間がかかるのでしばらく待ってください。

無料SSL証明書を設定したサイトURLの「http」を「https」に変えて閲覧しつつ反映を待ちましょう。

無料SSL証明書「Let’s Encrypt」はサイト開設時・WordPressインストール前に設定しておくと後から手間を省けてラクチンです♪

独自SSL化(https)は簡単にできます!
無料でできる!エックスサーバーの独自SSL(https化)設定方法
独自SSLとは?サイトURLをhttpsにするメリット・デメリットを教えます!

エックスサーバーについては下記関連記事もご覧ください。





参照 エックスサーバー公式サイト

Webサイトやブログを独自SSL化して、ユーザーの安全を確保しておきましょう!

以上、エックスサーバーで使える無料SSL証明書「Let’s Encrypt」についてでした。

この記事の著者

かずき
かずき
Kazuki Ohara
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上使ってます。ポケモンGO(青)もしてます♪

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

こちらの記事も読まれてます。