更新日: 公開日:
関連タグ:

独自SSLとは?サイトURLをhttpsにするメリット・デメリットを教えます!

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、宜しくお願いいたします(リンクフリー)。ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket
かずき

独自SSLは、サイト全体を暗号化する事!サイトのセキュリティ対策として今や必須の設定で、情報漏洩・改ざん・不正アクセスなどのトラブルを予防する事ができます。独自SSLのメリットがありすぎで、デメリットなんて気にしてちゃサイト運営を失敗しちゃうので必ず対応しましょう!

独自SSLについてお調べでしょうか?

独自SSLは、独自ドメインにSSL証明書を設定する機能です。

運営サイトを独自SSLすると…

アドレスの「http」が「https」になり、ブラウザ~サーバー間で送信されるデータを暗号化できます!

独自SSLは、人気レンタルサーバー「エックスサーバー」で無料または有料でできます。

当記事では、独自SSLについて、httpsにするメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

独自SSLとは?

SSLは、「Secure Socket Layer」の略。

独自ドメインにSSL証明書を設定する事で、サイト上で通信される情報を暗号化して安心安全にデータを送信できます。

世界標準のセキュリティ技術、仕組みとなっていて、2018年後半から独自SSL(https)じゃないサイトはブラウザ内で警告がでるようになっています。

SSL証明書が設定されてないサイトは、ユーザーからサイトの信頼性を疑われる可能性があるので、できるだけ早めに運営サイトを独自SSL化しましょう。

メールフォームやネットショッピングを設置しているサイトは特に、独自SSL化は必須!

個人情報・クレジットカード情報・パスワード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます

独自SSLのメリット

独自SSLにすることのメリットは下記。

  • Webサイトの信頼性向上(ユーザーから安心安全に心がけていると思われる)
  • httpサイトより、SEO(検索結果)で優位になると言われている。
  • Webサイトの表示速度が上がる!(SEO効果UP!)
  • SSLの知識が増える(web制作事業者はクライアントに提案できる)
  • ブラウザのサイトURL左側に鍵マークが付く♪

サイトの安全性・SEO対策に影響があるので、かなり重要な事だと思ってください。

独自SSLのデメリット

独自SSLにすることのデメリットは下記。

  • お金がかかる。
  • SSL証明書ブランドが複数あって何を申し込めばいいのかわからない。

SSL証明書ブランドの種類や費用に関しては、認証レベルにより3種類あります。

  • ドメイン認証 SSL証明書(0円~)
  • 企業認証 SSL証明書(19,000円~)
  • EV SSL証明書(48,000円~)

しかし、エックスサーバーは、無料SSL証明書「Let’s Encrypt」も提供しているので費用を抑えられます。

httpからhttpsに変更する事でのデメリットもあります。

  • WordPressテーマのソース内の「http」を「https」に変更する必要がある。
  • リダイレクト設定などの作業が発生する。
  • httpsになる事で、SNSのカウントがリセットされる。

いずれのデメリットも面倒くささ・勿体無さになりますが、どれも仕方が無い事です!

SNSのカウントがリセットされるのは、プラグイン(SNS Count Cache)を利用すれば回避できるので試してみて下さい。

独自SSLにしないと勿体無いというか、様々なリスクを防げるので早めに設定をしましょう!

独自SSLをしてないと競合サイトとのSEOバトルの戦場にも立てません…

独自SSL(https)の設定は簡単なので、サイト開設前の設定段階で独自SSLにしましょう!

エックスサーバーについては下記関連記事もご覧ください。




参照 エックスサーバー公式サイト

以上、独自SSLについて、httpsにするメリット・デメリットでした。

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。


サイト内検索
  • こちらも読まれています!

  •