更新日: 公開日:

【楽天モバイル】eSIM対応スマホ使用者は、AIかんたん本人確認(eKYC)で即時使い始められるよ!

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、宜しくお願いいたします(リンクフリー)。ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket
かずき

楽天モバイルが”AIかんたん本人確認(eKYC)”を導入しました。eSIM対応スマホを持ってる方は、楽天モバイルを申し込んですぐ使えるようにできます。

AIかんたん本人確認(eKYC)は、AIによって本人確認をとる機能で、申し込んでから使い始めるまでの工数・手間をハブ事ができ、

AIによる本人確認といっても人的確認も一応あるようです。

eSIM対応スマホ使用者は、以下の”本人確認書類”と”自分の顔”を専用アプリまたは公式サイトから読み込んでアップロードするだけ。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(今後利用可能)

数分で楽天回線に接続できるようになります。

利用開始日は以下。

  • androidは11月9日(月)
  • iOSは11月30日(月)

当記事では、楽天モバイルの”AIかんたん本人確認(eKYC)”の流れとeSIM対応スマホリストをまとめました。

スポンサーリンク

AIかんたん本人確認(eKYC)の流れ!

AIかんたん本人確認(eKYC)は、楽天モバイル申し込み手続きの中で行います。

my 楽天モバイルアプリを起動
プランの選択
”契約者情報入力”画面で、AIかんたん本人確認を選択。
免許証表面を枠に合わせて撮影します。
免許証の厚みを撮影します。
免許証裏面を枠に合わせて撮影します。
自分の顔を撮影します。
申し込み完了。

eSIM対応スマホを持ってる方は、AIかんたん本人確認を選んで本人確認をしましょう。

商品発送後の本人確認、配達員による本人確認を省けることで、申し込み完了後比較的すぐ楽天回線に接続できるようになります。

なお、AIかんたん本人確認(eKYC)の技術には、NECの本人確認サービス「Digital KYC」を採用しているとのこと。

楽天モバイルで使えるeSIM対応スマホリスト!

楽天モバイルを利用できるeSIM対応スマホは以下の通りです。

  • 楽天ミニ
  • 楽天ビッグ
  • 楽天ハンド
  • Google Pixel5
  • Google Pixel4a(5G)
  • Google Pixel4a
  • Google Pixel4 XL
  • Google Pixel4
  • AQUOS sense4 lite

    OPPO A73

2020年11月の段階では、めちゃめちゃeSIM対応スマホは少なく、使えるスマホは限られています。

eSIM対応スマホはSIMカードの出し入れが無いので、eSIMの購入・設定をマスターすると簡単に色んな通信会社を利用できるようになります。また、海外でもeSIMを買ってデータ通信をすぐしていけるようになるので旅行・出張の際も便利です。

eSIM対応スマホを持ってる方は、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか?
テザリングもばっちりできます♪
関連 楽天ミニでテザリングをする方法!モバイルルーターとして便利、ネット無制限で使えるよ!
関連 楽天モバイル紹介キャンペーンの条件!紹介コードを教えて楽天ポイント15,000円分をゲットしよう!

先着300万回線まで1年間無料(通常2,980円)&通信し放題キャンペーンが行われているので見逃せませんよ!

以上、楽天モバイルの”AIかんたん本人確認(eKYC)”の流れとeSIM対応スマホリストまとめでした。

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

サイト内検索
  •