更新日: 公開日: 著者:

楽天回線とパートナー回線(au回線)のサービスの違いを教えます!

かずき
かずき
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、よろしくお願いいたします。 ご意見ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket
  • LINE
かずき

楽天モバイル楽天回線パートナー回線(au回線)の2つでデータ通信サービスを提供しています。楽天回線エリアは通信し放題(カウントフリー)ですが、パートナー回線(au回線)エリアでは月5ギガまでデータ通信ができます。

楽天モバイルは、楽天回線とパートナー回線(au回線)の2つの回線を使ってデータ通信サービスを提供していますが、同じ料金(通常月額2,980円)でもサービスに差があります。
※先着300万回線まではアンリミット申し込みで1年間無料

楽天回線エリアでは通信し放題(カウントフリー)でデータ通信ができるのに、パートナー回線(au回線)エリアでは月5ギガまでしかデータ通信ができない…。

地方の方にとっては楽天モバイルは契約しづらい・使いづらいサービス内容となっています。

始まったばかりの楽天モバイル(キャリア)なので致し方ない所もありますが、サービス内容は魅力的なので、地方の方でも楽天モバイルに魅力を感じてるいる人は少なくないと思います。

当記事では、楽天回線とパートナー回線(au回線)のサービスの違いを教えます!

スポンサーリンク

楽天回線エリアとパートナー回線(au回線)エリアの現状。

楽天回線エリアとパートナー回線(au回線)エリアの現状。

楽天モバイルの通信エリアは上の画像の通り、濃いピンクが楽天回線。やや薄いピンクがパートナー回線(au回線)です。画像ではややわかりづらいですが、東京・名古屋・大阪など都市部以外はほとんどパートナー回線(au回線)となっています。

楽天回線エリアは以下の通りです。
※2020年3月11日調査

関東

東京都:東京23区ほぼ全域
埼玉県:さいたま市・川口市・蕨市・草加市の一部・富士見市の一部など
千葉県:千葉市・船橋市・習志野市・市川市・浦安市など
神奈川県:横浜市・川崎市

中京

愛知県:名古屋市

関西

大阪府:大阪市・東大阪市・堺市の一部・八尾市の一部など
京都府:京都市の中心地、向日市の一部
兵庫県神戸市の中心地

都市部であっても地下鉄・地下街・大型商業施設内は楽天回線をとらえられない場合がありパートナー回線(au回線)に接続されるので、月5ギガまでのデータ残量消費に注意が必要です。

楽天回線エリア

楽天回線エリアにいたとしても楽天回線だけに接続する事はありませんので、”my 楽天モバイルアプリ”を使って、データ残量の確認をしていく必要があります。

楽天回線エリアでのサービス内容

楽天回線エリアでのサービス内容

無制限プラン「アンリミット」通常2,980円

先着300万回線まで1年間無料

  • 楽天回線エリアだと通信し放題(カウントフリー)
  • 1日10ギガ以上使うと下り最大1Mbsに速度制限適用。
  • 楽天リンクを使うと国内通話かけ放題

楽天回線エリア対象者は1年間無料で通信し放題なので、使わない手はないのではないでしょうか?

WiFi要らずで動画・音楽・ゲームを楽しめるし、スマホのテザリング機能を使えば複数端末でインターネット接続ができます。
関連 楽天ミニでテザリングをする方法!モバイルルーターとして便利、ネット無制限で使えるよ!

パートナー回線(au回線)エリアでのサービス内容

パートナー回線(au回線)エリアでのサービス内容

無制限プラン「アンリミット」通常2,980円

先着300万回線まで1年間無料

  • 楽天回線エリア・電波未受信時はパートナー回線(au回線)に接続されます。
  • パートナー回線(au回線)は月5ギガまで通常速度モードで利用可能です
  • 超過すると下り最大1Mbs(国内)下り最大128kbps(国外)に速度制限適用。
  • データチャージ(有料)あり。

楽天回線エリア外ではパートナー回線(au回線)エリアに接続するのですが、パートナー回線エリアではサービス内容に違いがあります。

楽天回線エリア内であれば通信し放題(カウントフリー)でデータ通信ができるのですが、パートナー回線エリアでは通信し放題でデータ通信はできません。

パートナー回線(au回線)エリアでは月5ギガまでしか使えないので注意が必要です。

ただ、月5ギガを超過しても通信速度が下り1Mbpsになるだけで、そこまでデータ通信にストレスを感じる事はないのではと思います。

あきらかに”遅い”と思ったらデータチャージ(有料)ができるので対応しましょう。

楽天回線エリアでは通信し放題(カウントフリー)に対し、パートナー回線(au回線)エリアではデータ容量に上限があるので、パートナー回線(au回線)エリア在住だけど楽天モバイルを使いたいって方は不平等さを受け入れた上で申し込まれてください。

不平等さ…いまのとこあります。

楽天回線網が全国に広がるまでは…。

楽天回線エリアは2021年3月末までに全国を網羅!(予定)

2021年3月末までに全国を網羅

楽天モバイルは、楽天回線エリアを2021年3月末までに全国を網羅させる予定とアナウンスしています(ほんとにできるのか???

地方の方は1年待って!

始まったばかりの楽天モバイルですが、先着300万回線まで月々0円キャンペーンで契約者数を少しずつ伸ばしてはいますが、大赤字なのは確かです。

コロナの影響もありつつ基地局増設が大幅に遅れてしまう事だって無きにしも非ず。

楽天好きの地方の方には不憫な思いをさせてしまってるかもですが、とりあえず1年、様子を見ていきましょう。

また、楽天モバイルは人工衛星の開発をしていて、宇宙空間から”3G(第3世代移動通信システム)の15倍以上速いLTE”や”高速・大容量の5Gエリア”の開発・研究に取り組まれています。

宇宙からの電波送信が実現されると、楽天モバイルは山間部も含めてあらゆる場所でデータ通信ができるようになるとの事です。

楽天回線とパートナー回線(au回線)のサービスの違いまとめ

楽天回線とパートナー回線(au回線)のサービスの違い

最後に、楽天回線パートナー回線(au回線)のサービスの違いについてまとめます。

楽天回線

  • 楽天回線エリアでは、通信し放題(カウントフリー)でデータ通信ができます!
  • 1日10ギガ以上のデータ通信で速度制限が適用されます。
  • 楽天回線エリアは都市部に限られています(2020年3月現在)。
  • 楽天回線エリアはどんどん拡大していきます!

パートナー回線(au回線)

  • 楽天回線エリア・電波未受信時はパートナー回線(au回線)に接続されます。
  • パートナー回線(au回線)は月5ギガまでデータ通信ができます!
  • 月5ギガを超過すると下り最大1Mbps下り最大128kbps(国外)に速度制限が適用されます。

都市部に住まわれてる方は運がいい!

先着300万回線までは1年間無料ですが、いつ達成されるだろうか?

楽天モバイル(キャリア)契約で通信し放題(カウントフリー)でデータ通信ができるので、サブ機として持ってても良いと思います

参照 楽天モバイル公式サイト

以上、楽天回線とパートナー回線(au回線)のサービスの違いでした。

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments