更新日: 公開日:

OPPO R17 Neo レビュー!スペックや特徴、UQ mobileで買った料金を教えるよ

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、宜しくお願いいたします(リンクフリー)。ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket

OPPO R17 Neo、レビュー!

ひか

OPPO?オッポ?初めて聞く名前だね!

かずき

そうだね。最近しった格安スマホのメーカーなんだけど、世界じゃASUSやHUAWEIよりも売れてるメーカーのようだよ!

ひか

オッポ、凄いね!

かずき

そんなOPPOの格安スマホが初めて日本で発売されたんだけど、我らがUQ mobileの独占販売とのこと!

ひか

流石UQ mobileだね!

かずき

最近、格安スマホのラインナップが少なくなってたら心配してたけど、日本で初めて格安スマホのメーカーと組んでびっくりしているよ!

ひか

OPPO R17 Neo、どんな格安スマホなんだろう?

かずき

UQ mobileで買ったので、料金や仕様、特徴やカメラについてレビューするね。

当記事では、UQ mobileが独占販売している格安スマホ「OPPO R17 Neo」について紹介します。

スポンサーリンク

OPPO R17 Neoの開封の儀・仕様

OPPO R17 Neoは、UQ mobileから独占販売で2018年11月22日に発売されました。

OPPO R17 Neoの開封の儀と仕様を確認していきます。

OPPO R17 NeoはUQ mobile独占販売と言う事で、化粧箱にUQ mobileのロゴがプリントしています。

OPPO R17 NeoはUQ mobile独占販売

UQ mobileのSIMカードと初めてガイドも同梱。初めてガイドを見れば簡単にセットアップができますよ!

UQ mobileのSIMカード

SIMカードは自分で端末に挿入します。簡単ですよ。

SIMカードは自分で端末に挿入

同梱品は下記。

クイックスタートガイド
  • クイックスタートガイド
  • ACアダプタ
  • クリアケース
  • イヤホンマイク
  • micro USBケーブル
  • 保護フィルム(貼付済み)

同梱品として、クリアケース保護フィルムが入ってるのは地味にありがたいです。別途買わなくていいので。

イヤホンもあって端末が安いのに同梱品も充実しています。

OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoには、nano SIMカード2枚micro SDを挿入できます。これまでの格安スマホは、SIMカードを2枚使うとmicro SDを入れられなかったので拡張されてます♪

OPPO R17 Neo特有

裏面は、OPPO R17 Neo特有の3Dグラデーションカラー!鮮やかです。

背面カメラは2つのカメラを搭載

背面カメラは2つのカメラを搭載しています。今の格安スマホにしたら普通と言えば普通の仕様。

水滴型ノッチ

前面カメラが配置されているノッチはとても小さいです。水滴型ノッチと言うようです。

iPhoneXのノッチが大きいので、OPPO R17 Neoのノッチが可愛く見えます♪

このノッチでいて、2500万画素A.I.ビューティーカメラ顔認証に対応してるから凄いです!

イヤホンジャック

下部は、イヤホンジャック、受話口、micro USBケーブルの穴、スピーカーが配置。

スピーカー

上部はスピーカーが配置。

電源ボタン

右側面は電源ボタンが配置。

SIMカードスロット

左側面は、SIMカードスロット、ボリュームボタン+ーが配置。

端末の厚さは、7.4mmです。

端末の大きさ比較

端末の大きさ比較として、左から”OPPO R17 Neo(6.4インチ)”・”AQUOS sense2(5.5インチ)”・”iPhoneSE(4インチ)”。

OPPO R17 Neoは端末も画面も大きいです。

AQUOS sense2UQモバイルで発売されていて妻が使っています。

OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは、iPhone 7 Plusよりも大きい!フルスクリーンだからなお大きく見えます!YouTubeDAZNなど動画が見やすいです。

OPPO R17 Neoの主な特徴・設定

OPPO R17 Neoの主な特徴や設定を紹介します。

OPPO R17 Neoの主な特徴

ホーム画面は、androidならでは、どの端末でも同じようなUIです。
UQ mobile独占販売なので、予めUQ mobileのサポートアプリがインストールされています。

UQ mobile独占販売

UQ mobile ポータルアプリを確認する事で、UQ mobileのデータ残量・高速低速通信の切り替えができます。

簡単!データ移行!

簡単!データ移行!

機種変更したらデータ移行が面倒くさい!こんな方も大丈夫!
Googleアカウントで、前のスマホからデータを移行できます。電話帳やアプリがそっくりそのまま移せます。WiFiを利用します。

スマートアシスタント

スマートアシスタント

OPPO R17 Neoには、スマートアシスタント機能が搭載されていて、アプリのクイック起動などサポートしています。
画面右側の配置されているスマートサイドバーをタップすれば、アプリのショートカットボタンを表示できます。

スマートサイドバー

設定はホーム画面を一番左にスライドすれば編集ボタンがあります。

標準ブラウザはOpera

標準ブラウザはOpera

ちょっとびっくりしましたが、標準ブラウザはOpera。
私は慣れてるChromeをインストールして使ってますw

クイック画面

クイック画面

画面上部からスライドして開くクイック画面。アイコンがタップしやすく並んでいます。
編集や並び替えもできます。

顔認証の設定

OPPO R17 Neoには、iPhoneXZenFone5のように顔認証機能が搭載されています。

顔認証の設定

顔認証は、セットアップ時や設定画面から設定できます。設定すれば、画面ロック解除や決済認証など、ラクに行えます。

指紋認証の設定

OPPO R17 Neoには指紋認証機能も搭載されています。

指紋認証ボタン

なんと、指紋認証ボタンはディスプレイ内!OPPO R17 Neoの最大?の特徴です!

画面スリープ中

画面スリープ中に画面下に指紋のアイコンが表示されたらタップすれば画面解除できます。

画面解除は、顔認証、指紋認証、PINコード認証があります。

設定画面

設定画面

設定画面は、アイコンと文字と凄くわかりやすくなっています。上から下へ項目がまとまっています。

スマートアシスト

スマートアシスタント

スマートアシスタントとまた違ってスマートアシスト機能があります。
ホーム画面下のナビゲーションボタンの変更、スマートサイドバー・スマートドライビング・スマートアシスタントのオンオフができます。

省エネモード

省エネモード

省エネモードがあります。常にオンにしておきましょう。
電池管理にもAIが備わっていて、使用状況を学習して電池消費を抑えてくれます。

アプリのクローン化

アプリのクローン化

アプリのクローン化は、1つの端末で同じアプリを2つ使える機能です。

例えば、facebookやLINEなどSNSのアカウントを2つ管理できたりします。アプリ同士のデータ転送はできません。

アプリ画面分割モード

アプリ画面分割モード

画面が大きい端末で活躍する機能!?

画面下から指3本を同時にスライドさせれば画面が上と下と分ける事ができ、アプリを2つ表示できます。

画面キャプチャ

ちなみに、画面上から指3本を同時にスライドすれば、画面キャプチャができます。覚えておきましょう!

OPPO R17 Neoのカメラレビュー!

スマホはカメラの性能も重宝しますね!

OPPO R17 Neoのカメラがどんな感じかレビューします。

カメラにもAIが備わっていて、被写体がどんなものか認識して、自動で最適なフィルターをかけてくれます。

UIは、iPhone(iOS)と同じ感じ。

撮影前にフィルター

ちょっと違うのは、撮影前にフィルターや飾りを付けられます!androidだからってのもある。iOSよりエンタメ的です。

自撮りする人や子供と一緒に写真

自撮りする人や子供と一緒に写真を撮ったりする人は、一段と楽しめます♪

ポートレートモード

ポートレートモードでは、被写体の背景をぼかして撮影できます。愛犬を撮影。

パノラマ写真

パノラマ写真も撮れます。撮り方簡単!

鹿児島県指宿市の知林ヶ島

鹿児島県指宿市の知林ヶ島を高台から撮影。

知林ヶ島は潮がひいたら道が出現

2倍ズーム!知林ヶ島は潮がひいたら道が出現します♪

デジタル10倍ズーム!

デジタル10倍ズーム!ズームにはレンズ的に弱いです…。

OPPO R17 Neoのカメラ

OPPO R17 Neoのカメラは、背面に1,600万画素と200万画素のカメラを搭載。
前面に2,500万画素のカメラを搭載。

AIによって撮影するものに自動でフィルターをかけてくれるし、自撮りライブ撮影や自撮り写真でも活躍してくれる事間違いなし!
旅行好きの人に特におすすめできる格安スマホです。

OPPO R17 NeoをUQ mobileで買った料金

OPPO R17 NeoはUQ mobileが独占販売している格安スマホですが、実際に買った際の料金を紹介します。

OPPO R17 NeoをUQ mobileで買った料金

オンラインショップにアクセスして、OPPO R17 Neoを選択。

UQ mobileには、データ容量別で選べる”スマホプラン S/M/L”があるので、月々の使用量を想定して選びましょう。

実際の私の支払額は下記のようになりました。

端末付き

端末付きでこの料金!?色々と割引が適用されています。安いでしょ?!キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べていかがでしょう?

端末補償オプションを付けたので、410円プラスされています。

2年間の支払総額は同じ

端末は一括支払いでも分割支払いでも買えます。2年間の支払総額は同じなので、どちらかを選んでください。

OPPO R17 Neo レビューまとめ

ひか

OPPO R17 Neo、画面の大きさも機能の豊富さも魅力的だね!

かずき

それでいて安いのがまた良いのよ♪

かずき

最後にUQ mobileの通信速度をOPPO R17 Neoで測ってきたので紹介するよ。

ひか

他の格安SIMとはかなりの差があるね!

かずき

そう。UQ mobileは格安SIMの中で、トップレベルの通信速度を誇っていることも評判なんだよ!

ひか

それじゃぁ、動画視聴や音楽とかストレス無く楽しめるね♪

かずき

通信の安定性も申し分ないし、UQ mobileはキャリアには無い”高速・低速通信のオンオフ切り替え機能”があるから、安くたくさんネットができるよ!

OPPO R17 Neo 主な特徴

  • 6.4インチと大き目の格安スマホ。iPhone 7 Plusより大きい。
  • 顔認証搭載
  • ディスプレイ内指紋認証搭載
  • 128ギガと保存容量が多い!
  • 背面のデュアルカメラは被写体の背景をぼかした写真が撮れる。
  • カメラはエフェクトや飾りがたくさん!
  • 前面カメラは2,500万画素!
  • スマートアシスタントで情報取集や操作が快適!
  • UQ mobileで安く買える!
ひか

OPPO R17 Neoはデザインもスペック良いから人気が出そうだ!

かずき

OPPO R17 Neoは格安スマホの中でも特出したスペックと機能、安さを持ち合わせてるから、アプリ・カメラ・エンタメ・SNSなど色々と快適に楽しめるよ!

UQ mobileは2台目以降は月額500円引きになるUQ家族割も行っているので、自分で2台を買っても良いし、家族でUQ mobileに乗り換えるのもスマホ代の節約ができます。

参照 OPPO R17 Neo

以上、UQ mobileが独占販売している格安スマホ「OPPO R17 Neo」についてのレビューでした!

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。


サイト内検索
  • こちらも読まれています!

  •