更新日:

「乗り換えで気を付けておきたいことは?」ドコモからラインモバイルへ乗り換えるやり方・注意点を教えます!

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。格安SIM・格安スマホは6年以上、LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェアの程、宜しくお願いいたします。また、ご質問・検証依頼・体験されたこと等、コメントいただければ幸いです。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket
かずき

ラインモバイルドコモ回線の格安SIMを販売していて、ドコモで買ったスマホをそのまま使え月々の通信費を安くできます!ラインの無料通話・ビデオ通話が通信し放題(WiFi要らず)でできるので乗り換え先としておすすめです。

ひか

お母さんがドコモからラインモバイルに乗り換えてスマホ代が月々1,480円になったって喜んでたね♪

ドコモからラインモバイルに乗り換えを検討中でしょうか?

長く使ってきた携帯会社を変えるとなると、相当悩むと思います「私もそうでした。」

ただ、5年近く格安SIMを使っている私としたら早く乗り換えるのがおすすめです。

ドコモからラインモバイルに乗り換える事で、月々5,000円以上、年間60,000円以上は節約できますよ「できました。」

毎月ギガ(データ容量)を余してる、通話はあまりしていない、SNSの無料通話で十分って方は、ラインモバイルに乗り換えて生活費を節約をしましょう!

ドコモからラインモバイルへ乗り換えるやり方

  1. 手順1:ドコモでMNP予約番号を発行(My docomoで無料発行できます)
  2. 手順2:ラインモバイルにMNP手続きで申し込み(約20分)
  3. 手順3:SIMカード受け取り(2日~7日)
  4. 手順4:ラインモバイルマイページで回線切り替えをする(約5分)
  5. 手順5:スマホにSIMカードを入れてAPN設定をする(約5分)
  6. 手順6:ラインモバイル、利用開始!

ドコモで買ったスマホをそのまま使えるし、MNP(ナンバーポータビリティ)手続きをすれば電話番号もそのまま引き継いで使っていけます。

乗り換える際に契約解除料・乗り換え手数料がかかりますが、ラインモバイルはこれらを相殺できるお得な乗り換えキャンペーンをよくしているので利用しましょう。

【期間限定】月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン中!

当記事では、ドコモからラインモバイルへの乗り換えるメリットと注意点を紹介します!

この記事でわかること!

ラインモバイルはこんな方におすすめ♪

ラインモバイルはこんな方におすすめ

ラインアプリ、いつも使ってますか?

ラインモバイルはラインアプリをカウントフリー(通信し放題)で使えるのが大きな売りです♪

ラインの無料通話ビデオ通話WiFi要らずでできるので、通話をよくしてる方はかなり便利です。

他、オプションで主要SNS(Twitter・facebook・インスタグラム)・ラインミュージック・Spotifyなどの通信もカウントフリーで使えるようにできます。

ラインモバイルはこんな方におすすめです!

  • いつもラインアプリを使ってる方!通信し放題(カウントフリー)です!
  • ライン無料通話・テレビ電話を使ってる方!(WiFi要らずで使えます!
  • twitter・facebook・インスタグラムを使ってる方!(動画視聴も通信し放題!)
  • ラインミュージックで音楽を聴いてる方!(WiFi要らずで音楽を聴けます)
  • ドコモで買ったandroid/iPhoneを使ってる方(SIMロック解除不要!
  • ラインペイを使ってる方
  • ラインポイントを貯めてる方
  • LINE ID検索をよく使ってる方

などなど、ラインモバイルはラインをはじめ、SNS・定額音楽配信サービスをよく使ってる方に凄くおすすめです。

ドコモからラインモバイルへ乗り換えるメリット!

ドコモからラインモバイルに乗り換えるメリットをあげていきます。

乗り換えの検討材料

乗り換えの検討材料として、”いいところ”も、”う~んと思うところ”もしっかり覚えておきましょう。

  • ドコモで買ったスマホが使えます!(5Gスマホ、他一部使えないスマホもあります)
  • 月額料金を安くできます!
  • ラインを含め、SNS・ラインミュージックがWiFi要らずで通信し放題!
  • オプションが豊富です!
  • 通話もばっちりできて安心です!
  • ドコモと通信エリアが同じです!
  • データシェアができます!
  • ラインアプリで年齢認証(ID検索)ができます!

ドコモで買ったスマホが使えます!

ドコモで買ったスマホ(android/iPhone)は、ほぼラインモバイルのSIMカードで使えます。古すぎるスマホの場合は対応してないかも…。

公式サイトに動作確認ページ

公式サイトに動作確認ページがあるので確認してみてください。

また、携帯会社を変えるとスマホを他社で使えるようにするSIMロック解除という手続きがありますが、ラインモバイルはドコモ回線の格安SIMを販売しているので、ドコモ回線のSIMを選べばSIMロック解除手続きは不要です。

「今使ってるスマホで使える?」

心配不要です。

月額料金を安くできます!

月額料金を安くできます!

ラインモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線の格安SIMを販売しています。

「安いとは聞いてるけど…」

ラインモバイルのドコモ回線の料金は以下の通り。今ドコモで払ってる月額料金と比べてどのくらい差がありますか?

基本プラン
(ドコモ回線)
データ容量 音声通話SIM データSIM
500メガ 1,100円 600円
3ギガ 1,480円 980円
6ギガ 2,200円 1,700円
12ギガ 3,200円 2,700円
データフリーオプション
ラインデータフリー 0円
SNSデータフリー 280円
SNS音楽データフリー 480円
その他
SIMカード発行手数料 40円
登録事務手数料 3,000円
基本通話料 20円/30秒(国内)

一番安いプランで以下になります。

データSIM(SMS付)500メガ+ラインデータフリー0円:月額600円
音声通話SIM 500メガ+ラインデータフリー0円:月額1,100円

ギガ(データ容量)は、500メガから12ギガまであり、基本プランにデータフリーオプションを足していく感じです。

これまで使ってきたスマホが使えるので、月々の支払いを音声通話SIMだと最低月額1,100円のみにできます。オプションを付ければ支払い額は増えますが、それでも十分安くできます!

プランの組み合わせ次第で、家族5人でスマホ代を5,000円にする事ができます!これはびっくりするでしょ?!

ラインを含め、SNS・ラインミュージックがWiFi要らずで通信し放題!

ラインモバイルの一番の特徴でありメリット!

下記オプションにより、ライン含め、SNS・ラインミュージックがWiFi要らずで通信し放題で使えます。

ラインデータフリー

ラインが通信し放題(カウントフリー)で利用できます。

通信し放題(カウントフリー)

対象じゃない機能もありますが、ラインの無料通話テレビ電話は対象なのでかなりメリットです!

SNSデータフリー

LINE・twitter・facebook。

これらSNSを通信し放題(カウントフリー)で利用できます。

SNS音楽データフリー

LINE・twitter・facebook・instagram・ラインミュージック・AWA・Spotify

音楽をよく聴いてる方は、WiFi要らずでいつでもどこでも視聴できます(圏内の場合)

オプションが豊富です!

他、ラインモバイルには、オプションが多数あります。

  • いつでも電話アプリ利用で通話料半額
  • 10分電話かけ放題:880円
  • 端末保証:450円
  • 持込端末保証:500円
  • ラインミュージックオプション:750円(2ヶ月間無料)
  • WiFiオプション:200円
  • ウイルスバスターオプション:420円
  • フィルタリングオプション:無料

たくさんあるので付けすぎるとドコモの月額料金と変わらなくなってくるので注意してください。

通話もばっちりできて安心です!

「電話はできるの?」
「通話料はどうなるの?」

ラインモバイルの通話料は通常20円/30秒(国内)です。これは高いと言えます。

ただ、無料の”いつでも電話アプリ(ライン公式)”を利用する事で、通話料を半額の10円/30秒にできます。

10分かけ放題オプション

また、10分かけ放題オプションもあるので、通話をよくされる方は申しまれてください。

いつでも電話アプリ

なお、ライン無料通話・ビデオ通話はカウントフリーWiFi要らず)で利用できるので、ラインで十分な方は、”いつでも電話アプリ”も”10分かけ放題オプション”も不要です。

ドコモと通信エリアが同じです!

通信エリアが同じ!

「繋がらなかったりするのかな…?」

通信エリアはドコモから乗り換えならそのままです(ドコモ回線のSIMを選んだ場合)。

繋がる場所、繋がらない場所、熟知していると思います。

スマホをSIMロック解除すればau・ソフトバンク回線のSIMも使えますが、とらえる電波(周波数)が減ったりするので、ドコモから乗り換えの方はドコモ回線のSIMを迷わず選びましょう。

データシェアができます!

ギガ(データ容量)を家族や友達同士で分け合う事ができます。

ドコモ回線のSIMを選んだ場合

ドコモでデータシェアサービスを利用してる方は、ラインモバイルでもできるので検討材料にしてください。

ラインアプリで年齢認証(ID検索)ができます!

ラインモバイルは申し込んだ時点で本人確認があり、ラインアプリの年齢認証に対応しています。

他のMVNOではできません。

ラインアプリの年齢認証

年齢認証ができることで、
ラインアプリのID検索ができるようになり、友だち追加がしやすくなります
※スマホにラインモバイルのSIMカードが入ってる時に限ります。

知り合った方や友達からLINE IDを教えて貰う事で、すぐ友だち追加ができます。

また、LINE IDで検索もされるので、友達からの友だち追加依頼にすぐ応える事ができます。

18歳未満の方は年齢確認を行ってもID検索はできないので念頭に入れておいてください。

ここまでが、ドコモからラインモバイルに乗り換えるメリットです。
ラインモバイルのメリットは別です。

ドコモから乗り換えるデメリット!

メリットがあれば、デメリットもある。

ドコモからラインモバイルに乗り換えるデメリットをあげていきます。

  • ドコモメールが使えなくなります。
  • 契約解除料・乗り換え手数料がかかります!
  • 5Gが使えません。
  • 割引・特典が受けられなくなります。
  • dポイントが貯まらなくなります。
  • ドコモ サービスパックが使えなくなります。
  • 国際ローミング・パケットパック海外オプションが使えなくなります。
  • ドコモ光との併用割引がなくなります。
  • d払い・ドコモ払いができなくなります。
  • 通信速度が遅くなります。
  • ドコモじゃ月々の支払いが高いまま?

ドコモメールが使えなくなります。

ドコモ専用のキャリアメール(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

乗り換える際は、必要に応じてキャリアメールのバックアップ、新しいメールへの移行をしましょう。

ラインモバイルではメール発行サービスは無いので、無料のGmail・ヤフーメールに移行するのが無難です。

契約解除料・乗り換え手数料がかかります!

ラインモバイルに乗り換えるとドコモ解約となります。

乗り換える際、契約解除料(1,000円)・乗り換え手数料(3,000円)がかかります

乗り換えには出費がかかるので念頭にいれておいてください。

スマホ分割払いの残債があったら完済まで引き続き毎月引き落としがあるので覚えておきましょう。

5Gが使えません。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)が5Gサービスを始めています。

しかし、5Gサービス(超高速通信)が使えるのは一部の端末と一部エリアのみ!

ラインモバイルはもとよりMVNO各社、まだ5G端末もなければ回線も対応していない状態なので、ドコモで5Gを使ってる方は使えなくなるので注意してください。

割引・特典が受けられなくなります。

ドコモで割引・特典を受けている方は、ラインモバイルに乗り換える事で割引・特典が無くなります。

自分がどのような割引・特典を受けているか確認をして、ラインモバイルと比較検討してみてください。

dポイントが貯まらなくなります。

日々、dポイントを貯めてる方は、ドコモ解約により月々の支払いが無くなるのでdポイントが貯まらなくなります。

dカードをお持ちの方は、ラインモバイルの支払いに登録すればdカード分のdポイントは貯めていくことができます。

ドコモ サービスパックが使えなくなります。

ドコモ解約となるので”ドコモ サービスパック”が使えなくなります。

  • いちおしパック
  • あんしんパック

これらドコモ サービスパックを契約している方は、対象サービスが使えなくなるので注意してください。

国際ローミング・パケットパック海外オプションが使えなくなります。

ドコモ解約となるので、ドコモスマホで国際でんわパケットパック海外オプションが使えなくなります。

ラインモバイルではこれら海外サービスは使えないので、海外旅行・海外出張によく行かれる方は、海外レンタルWiFiが必要となります。

ただ、現地SIM・現地WiFiを利用すれば、ラインアプリはほぼ問題なく使えます。

ドコモ光との併用割引がなくなります。

自宅のインターネット回線を”ドコモ光”にしてる方は、併用割引が

d払い・ドコモ払いができなくなります。

d払い・ドコモ払い、ドコモの通信費とまとめて買い物の支払いをしていた方は、できなくなります!

代替探しが面倒かもしれませんが、dカード・Visa LINE Payクレジットカードなどを発行して使っていくことをおすすめします。それぞれ、ポイントを貯められます。

通信速度が遅くなります。

ラインモバイルはドコモから回線を借りてデータ通信を提供しています。

ラインアプリの設備機器が間に入ってることもあり、ドコモより通信速度が落ちます。これは他のMVNOでも同じです。

通信速度は、場所・時間帯・同時利用者によって変動するものであり、常に速いとか遅いとかはありません。

ラインモバイルは定期的にネットワークの増強をしているので、遅い事があっても次第に解消されるので、使いながら待ちましょう。

MVNOゆえ「ドコモより通信速度は遅い」って事、念頭に入れておきましょう。

ドコモじゃ月々の支払いが高いまま?

通信エリアも同じ、ドコモで買ったスマホが使える、この条件でも十分ラインモバイルに乗り換える価値はあります。

「ドコモでの毎月の支払いはいくらでしょうか?」

ラインモバイルは、自分に必要なサービスだけ選べるので、料金がかさむことはありません。

ここまでが、ドコモからラインモバイルに乗り換えるデメリットです。

乗り換え前にドコモでやること・注意点

乗り換え前にauでやること

「ドコモからラインモバイルに乗り換えを決めた!」

と、決心したら準備をしましょう!

乗り換え前にドコモでやること!

まず、今契約しているドコモの利用状況を確認!

My docomoへアクセス。

  • 利用料金 ⇒ 毎月いくら払ってるかを調べる。
  • 利用容量 ⇒ 毎月平均何ギガ使っているか調べる。
  • オプション ⇒ どんなオプションを付けているかを調べる。
  • MNP予約番号 ⇒ 電話番号をラインモバイルで引き継ぐ場合は発行(無料)

上記を確認したら下記を用意しましょう。

  • 本人確認書類の画像(運転免許証・パスポートなど)
  • クレジットカード(ラインペイカード可・デビットカード不可)
  • メールアドレス(キャリアメールではなくパソコンメール)
  • 電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号

乗り換え前の注意点

スマホ動作確認!

ドコモで買ったスマホ(android/iPhone)は、ほぼラインモバイルで使えます。

5Gスマホ、ケータイ、ふる~いスマホなどは使えない場合があります。ラインモバイル公式サイトに動作確認ページがあるので必ず事前に手持ちのスマホが使えるか確認してください。

ラインモバイルはスマホも販売しているので機種変更もできます。

本人確認書類

申し込みで用意するもの

本人確認書類は、運転免許証・パスポート・健康保険証などです。

人に直接見せることは無く、申込ページでアップロードするので、事前にスマホで写真を撮って保存しておきましょう。
運転免許証は表裏必要です。

メール

ドコモは解約になるので、ドコモメール(***@docomo.ne.jp)をラインモバイルの申し込みで登録するのはNGです。

MNP予約番号

MNP予約番号には有効期限(15日間)があります。

しかし、ラインモバイルの申し込みは5日間以内となっています。

6日経ったらMNP予約番号を再発行する事になるので注意してください。すぐラインモバイルの申し込みを始めましょう!

MNP予約番号を発行してもドコモ解約とはならないのでご安心を!発行しても使えます。

契約者名義

MNP手続きは、ドコモの契約者名義とラインモバイル申込者は同じである必要があります。

申し込み年齢制限

ラインモバイルの申し込みは、18歳未満の方はできません
20歳未満の方は親権者の同意が必要です。

審査に通らないので、親御さんに申し込みをお願いしてみてください。

一世帯当たりの契約数は最大5回線までです。ラインモバイルには家族割引があるので家族みんなスマホ代を安くできます。

支払方法

ラインモバイルの支払方法は、クレジットカードのみです。残念ながら口座振替には対応していません

Visa LINE Payクレジットカードをお持ちの方は、支払方法に設定するとラインポイントを貯める事ができ、ラインモバイルの支払いに使えます。

回線切り替え

ラインモバイルの音声通話SIMを申し込んだ方は、設定の際”回線切り替え”が必要です。

回線切り替えをしないとデータ通信・通話もできないので、注意してください。

「データ通信が始まらない!」って時は、回線切り替え忘れの場合が多いです…私も経験あり(汗)

申し込みのタイミング!

結構悩んでる方が多いですが、MNP予約番号の発行、ラインモバイルの申し込みは月の24日以前にしたいところ!

ラインモバイルの本契約日が翌月になってしまうとドコモの料金が発生してしまうので注意が必要です!

ドコモ解約はいつのタイミング?

ドコモが解約されるタイミングは、ラインモバイルで回線切り替えを完了した時点で解約となります。

それまではドコモでデータ通信・通話ができるので、ご安心を!

ドコモ解約前にすること!

ドコモからラインモバイルへ乗り換える手順
  • MNP予約番号発行(電話番号を引き継ぐため必要)
  • スマホのデータのバックアップ(SDカード・Google Photo・iCloud)
  • 電話帳の保存先をgoogle・apple IDに。
  • メールのバックアップ・移行。
  • ライントークのバックアップ(Googleドライブ・iCloud)

特に、MNP予約番を発行しないと電話番号を引き継げないので忘れないように!

馴染みの電話番号をラインモバイルでも使えるようにする為に必要です!

MNP予約番号は必要

MNP予約番号の発行は以下の方法があります。

電話

ドコモ携帯電話から:151(無料)
受付時間:午前9時から午後8時まで

ドコモショップ

お出かけの際、ドコモの店舗があったら寄ってみましょう。
MNP予約番号発行には本人確認書類が必要です。

待ち時間やスタッフさんの引き止めトークがあるかもしれないのであまりおすすめしませんw

My docomo

一番気楽に発行できます。

ドコモのマイページであるMy docomoから簡単にMNP予約番号を発行できます。

スマホで発行手続きをするのがおすすめ。パソコンだとdアカウントが必要です。

受付時間(午前9時から午後8時まで)があるので注意してください。月末にしないように。

MNP予約番号はSMSで届きます。忘れずに保存またはメモっておきましょう!

店頭でも手続きができますが”引き止め攻撃”に合うかも知れないので、短時間でできる”My docomo”または電話がおすすめです。

ラインモバイル申し込みで用意するもの

申し込みで用意するもの

ラインモバイル申し込みで用意するものは以下。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • クレジットカード、ラインペイ
  • メールアドレス

MNP予約番号は、ドコモで使っていた電話番号を引き継ぐのに必要不可欠です。引き継ぐ方は用意しましょう。

本人確認は、運転免許証が審査をすぐ通すにも無難。未成年者は親御さんの同意が必要です。

支払方法は、いつも買い物で使ってるクレジットカードを用意してください。

ラインアプリ・ラインモバイル・ラインペイを使っていく上で、Visa LINE Payクレジットカードを持っておくとラインポイントを貯められてお得ですよ!

貯めたラインポイントは、ラインモバイルの支払いにも使えます。

ドコモからラインモバイルへ乗り換える手順

ドコモからラインモバイルへの乗り換えの注意点を確認したところで、実際に乗り換える手順を見ていきます。

申し込みは15分くらいでできます。オプション選びに迷うかも…。

1、ラインモバイルにMNP手続きで申し込み。

ドコモでMNP予約番号を発行したところで、ラインモバイルの申し込みをします。

ドコモからラインモバイルへ乗り換える手順

申し込みは、PC・スマホ、どちらからでもできます。

  1. データフリーオプションの選択
  2. ギガ(データ容量)の選択…ドコモでどのくらい使っていたかで選びましょう。
  3. 利用する回線の種類の選択…ドコモ回線を選びましょう。
  4. SIMタイプの選択
  5. 通話サービスオプションの選択
  6. 端末購入の有無
  7. SIMカード選択
  8. 持込端末保証オプションの選択…ドコモで買ったスマホに保証を付けられます。
  9. オプションの選択
  10. 手続き内容の選択…ここでMNP予約番号の入力が必要です。
  11. 契約者情報の入力…ラインモバイルの利用者入力(家族の場合必要)
  12. 規約への同意
  13. 仮申し込み
  14. 本人確認書類アップロード

本人確認書類アップロードは、免許証の表裏の写真を事前にスマホで撮ってて、保存したものをアップロードしましょう。

審査を終えたらSIMカードが郵送されます。

審査は主に名義を見られるようです。

2、SIMカード受け取り

SIMカード受け取り

申し込みから2~3日。

SIMカードが郵送されてくるので確実に宅配の方から受け取りましょう!

3、回線切り替え

ラインモバイル 回線切り替え

データSIMを選んだ方は回線切り替えは不要ですが、
音声通話SIMを選んだ方は回線切り替えが必要です。

回線切り替えをする事で、ドコモからラインモバイルへと電話番号が切り替わります。

4、APN設定

ラインモバイル APN設定

回線切り替えをしただけでは、データ通信・通話はできません。

APN設定をすることで、電波を捉え、データ通信・通話ができるようになります。

ラインモバイルは、SIMカードと共にマニュアル誌が付いているので、APN設定のやり方をじっくり見ながら設定できます。

android/iPhoneでやり方が違うので間違えないように!
関連 【実践編】ラインモバイルの初期設定(APN設定)の注意点・手順を教えまーす!

5、ラインモバイル、利用開始!

回線切り替え、APN設定を終え、スマホが電波を捉えたらラインモバイル利用開始です!

ドコモからラインモバイルに乗り換えた方は、ドコモ回線を選んでいれば通信エリアは変わらず!

ラインモバイルでデータ通信・通話ができるようになったら以下の設定・インストールもしておきましょう!

いつでも電話アプリ

いつでも電話アプリ

いつでも電話アプリはラインモバイルの公式電話アプリです。通話料半額、10分かけ放題オプションが適用され利用できます。

契約者連携/利用者連携

契約者連携/利用者連携

ラインアプリのラインモバイル公式アカウントと連携する事で、マイページへのアクセス・ギガ(データ容量)の確認・データプレゼント機能などを利用できます。

ひか

ラインモバイルのドコモ回線、なかなか使えそうだ♪

かずき

今ドコモを使ってる方にラインモバイルはほんとおすすめです!

ドコモユーザーの方・ラインアプリをいつも使ってる方・月々のスマホ代を節約されたい方は、ラインモバイルへの乗り換え、ほんとおすすめです!

更に詳しく、ラインモバイル公式サイトもご覧ください。

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。
コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments