更新日: 公開日: 著者:

ドコモからラインモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット、手順を教えます!

かずき

ラインモバイルはドコモ回線の格安SIMを販売しているので、ドコモで買ったスマホをそのまま使えます。通信費を大幅に安くできるので、月々のスマホ代を大きく節約できます。LINEをはじめSNSが通信し放題(カウントフリー)なので乗り換えはおすすめです。

ひか

お母さんがドコモからラインモバイルに乗り換えてスマホ代が月々1,480円になったって喜んでたね♪

ドコモからラインモバイルに乗り換えを検討中でしょうか?

長く使ってきた携帯会社を変えるとなると、相当悩むと思います「私もそうでした。」

ただ、5年近く格安SIMを使っている私としたら早く乗り換えるのがおすすめです。

ドコモからラインモバイルに乗り換える事で、月々5,000円以上、年間60,000円以上は節約できますよ「できました。」

ラインモバイルはドコモ回線の格安SIMを販売しているので、ドコモで買ったスマホをそのまま使えるので、月々の支払いを通信費のみにできますよ♪

  • 電話番号を引き継ぐ場合はMNP予約番号が必要です(公式サイトでできます)
  • ラインモバイルの申し込みは15分くらいで公式サイトからできます。
  • 10分かけ放題オプション(月額880円)があります。
  • ドコモで買ったandroid/iPhoneはSIMロック解除する事無くそのまま使えます。
  • 持ち込み端末保証オプション(月額500円)があります。
  • LINE Pay・ラインポイントで支払いができます。
  • 乗り換えは月の20日あたりがベスト
  • ドコモのメール(@docomo.ne.jp)は使えなくなります。
  • ドコモを解約する事になります。

乗り換える際に契約解除料・乗り換え手数料がかかりますが、ラインモバイルはこれらを相殺できるお得な乗り換えキャンペーンをよくしているので利用しましょう。

毎月ギガ(データ容量)を余してる、通話はあまりしていない、SNSの無料通話で十分って方は、ラインモバイルに乗り換えて生活費を節約をしましょう!

当記事では、ドコモからラインモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット、手順を教えます!

スポンサーリンク

ドコモから乗り換えるメリット!

ドコモからラインモバイルに乗り換えるメリット・デメリットをあげていきます。

乗り換えの検討材料

乗り換えの検討材料として、”いいところ”も、”う~んと思うところ”もしっかり覚えておきましょう。

ドコモで買ったスマホが使えます!

ドコモで買ったスマホ(android/iPhone)は、ほぼラインモバイルのSIMカードで使えます。古すぎるスマホの場合は対応してないかも…。

公式サイトに動作確認ページ

公式サイトに動作確認ページがあるので確認してみてください。

また、携帯会社を変えるとスマホを他社で使えるようにするSIMロック解除という手続きがありますが、ラインモバイルはドコモ回線の格安SIMを販売しているので、ドコモ回線のSIMを選べばSIMロック解除手続きは不要です。

「今使ってるスマホで使える?」

心配不要です。
関連 iPhoneはLINEモバイルで安く使おう!設定や使い心地を教えます!

月額料金を安くできます!

月額料金を安くできます!

ラインモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線の格安SIMを販売しています。

「安いとは聞いてるけど…」

ラインモバイルのドコモ回線の料金は以下の通り。今ドコモで払ってる月額料金と比べてどのくらい差がありますか?

基本プラン
(ドコモ回線)
データ容量音声通話SIMデータSIM
500メガ1,100円600円
3ギガ1,480円980円
6ギガ2,200円1,700円
12ギガ3,200円2,700円
データフリーオプション
LINEデータフリー0円
SNSデータフリー280円
SNS音楽データフリー480円
その他
SIMカード発行手数料40円
登録事務手数料3,000円
基本通話料20円/30秒(国内)

一番安いプランで以下になります。

データSIM(SMS付)500メガ+LINEデータフリー0円:月額600円
音声通話SIM 500メガ+LINEデータフリー0円:月額1,100円

ギガ(データ容量)は、500メガから12ギガまであり、基本プランにデータフリーオプションを足していく感じです。

これまで使ってきたスマホが使えるので、月々の支払いを音声通話SIMだと最低月額1,100円のみにできます。オプションを付ければ支払い額は増えますが、それでも十分安くできます!

プランの組み合わせ次第で、家族5人でスマホ代を5,000円にする事ができます!これはびっくりするでしょ?!

オプションが豊富です!

「LINEが通信し放題って聞いたけど…」

追加料金になりますが、おすすめのオプションは下記。

LINEデータフリー

LINEが通信し放題(カウントフリー)で利用できます。

対象じゃない機能もありますが、LINEの無料通話テレビ電話は対象なのでかなりメリットです!

SNSデータフリー

LINE・twitter・facebook。

これらSNSを通信し放題(カウントフリー)で利用できます。

SNS音楽データフリー

LINE・twitter・facebook・instagram・LINE MUSIC・AWA・Spotify

音楽をよく聴いてる方は、WiFi要らずでいつでも視聴できます。

他、オプションが多々あります。

  • いつでも電話アプリ利用で通話料半額
  • 10分電話かけ放題:880円
  • 端末保証:450円
  • 持込端末保証:500円
  • LINE MUSICオプション:750円(2ヶ月間無料)
  • WiFiオプション:200円
  • ウイルスバスターオプション:420円
  • フィルタリングオプション:無料

などなど、オプションを付け過ぎるとドコモの月額料金と変わらなくなってくるので注意してください。

通話も安心!

「電話はできるの?」
「通話料はどうなるの?」

ラインモバイルの通話料は通常20円/30秒(国内)です。これは高いと言えます。

ただ、無料の”いつでも電話アプリ(LINE公式)”を利用する事で、通話料を半額の10円/30秒にできます。

10分かけ放題オプション

また、10分かけ放題オプションもあるので、通話をよくされる方は申しまれてください。

いつでも電話アプリ

なお、LINEの無料通話・ビデオ通話はカウントフリーWiFi要らず)で利用できるので、LINEで十分な方は、”いつでも電話アプリ”も”10分かけ放題オプション”も不要です。

通信エリアが同じ!

通信エリアが同じ!

「繋がらなかったりするのかな…?」

通信エリアはドコモから乗り換えならそのままです(ドコモ回線のSIMを選んだ場合)。

繋がる場所、繋がらない場所、熟知していると思います。

スマホをSIMロック解除すればau・ソフトバンク回線のSIMも使えますが、とらえる電波(周波数)が減ったりするので、ドコモから乗り換えの方はドコモ回線のSIMを迷わず選びましょう。

通信速度はMVNOならでは!

通信速度は場所・時間帯・同時利用者によって変動します。

常に速いとか遅いとかはありません。

ただ、ラインモバイルのドコモ回線は契約者数が多いので、混み合う時間帯は低速になる可能性は高いです。

MVNOゆえ「ドコモより通信速度は遅い」って事は念頭に入れておきましょう。

データシェアができます!

ギガ(データ容量)を家族や友達同士で分け合う事ができます。

ドコモ回線のSIMを選んだ場合

ドコモでデータシェアサービスを利用してる方は、ラインモバイルでもできるので検討材料にしてください。

ここまでが、ラインモバイルドコモ回線の主なメリットです。
ラインモバイルのメリットは別です。

ドコモから乗り換えるデメリット!

ドコモからラインモバイルに乗り換えて「う~んと思う事」は下記。

ドコモメールが使えなくなります。

ドコモ専用のキャリアメール(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

乗り換える際は、必要に応じてキャリアメールのバックアップ、新しいメールへの移行をしましょう。

ラインモバイルではメール発行サービスは無いので、無料のGmail・ヤフーメールに移行するのが無難です。

契約解除料・乗り換え手数料がかかります!

ラインモバイルに乗り換えるとドコモ解約となります。

ドコモ独自のサービスが使えなくなるので、利用中の方は気をつけて下さい。

なお、Tポイント・ヤフープレミアム(有料)、PayPayは継続して利用していけます。

また、契約解除料(1,000円)・乗り換え手数料(3,000円)がかかります

スマホの分割払いの残債があったら完済まで引き続き毎月引き落とされるので覚えておきましょう。

月々の支払いが高いまま!

通信エリアも同じ、ドコモで買ったスマホが使える、この条件でも十分ラインモバイルに乗り換える価値はあります。

「ドコモでの毎月の支払いはいくらでしょうか?」

自分に必要なサービスだけ選べるので、料金がかさむことはありません。

ここまでが、ラインモバイルドコモ回線の主なデメリットです。

ドコモからラインモバイルへ乗り換える手順!

ドコモからラインモバイルへ乗り換えるのも良いでしょ?

ドコモからラインモバイルへ乗り換える手順

最後に、簡単にドコモからラインモバイルへ乗り換える手順を紹介します。

ドコモ解約前にすること

  • MNP予約番号発行(電話番号を引き継ぐため必要)
  • スマホのデータのバックアップ(SDカード・Google Photo・iCloud)
  • 電話帳の保存先をgoogle・apple IDに。
  • メールのバックアップ・移行。
  • LINEトークのバックアップ(Googleドライブ・iCloud)

特に、MNP予約番を発行しないと電話番号を引き継げないので忘れないように!

ドコモのマイページ(My docomo)から無料で簡単(5分くらい)に発行できます!
MNP予約番号を発行しただけではドコモ解約とはなりません。

MNP予約番号は電話(5分くらい)でも発行できます。

ドコモMNP予約受付センター
(受付時間:9時~20時)
ドコモ携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
※通話料無料

店頭でも手続きができますが”引き止め攻撃”に合うかも知れないので、短時間でできるネットまたは電話がおすすめです。

申し込みで用意するもの

申し込みで用意するもの

ラインモバイルの申し込みは15分くらいでできます。オプション選びに迷うかも…。

  • MNP予約番号を発行(My Softbankでできます)
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 銀行口座またはクレジットカード、LINE Pay
  • メールアドレス

MNP予約番号は、ドコモで使っていた電話番号を引き継ぐのに必要不可欠です。有効期限内にラインモバイルに申し込みましょう。

Visa LINE Payクレジットカード

クレジットカードは、Visa LINE Payクレジットカードがおすすめ。

LINE Payでも使えるのでラインポイントも貯めていけます。貯めたラインポイントでラインモバイルの支払いもできます♪

設定事項

ラインモバイル 設定事項

ラインモバイルのSIMカードが届いたら以下の事をします。

ラインモバイルのSIMカード
  • マイページで回線切替(開通手続き)
  • SIMカードをスマホに入れてネットワーク設定(APN)

SIMカードにはマニュアル誌が同梱されているのでゆっくり見ながら設定ができます

音声通話SIMを買われた方は、マイページで回線切り替えをしないとデータ通信が始まらないので注意してください。

ドコモ自動解約

回線切り替えをする事で、ドコモ自動解約になります。

ドコモで買ったスマホを      使う場合は、簡単に言うとSIMカードを差し替えるだけで使えるようになるので、LINEやSNS、その他アプリの再設定などは不要です。

なにもせずスマホを使っていけます。

なお、LINEモバイル公式アカウントはフォローしておきましょう。

LINEモバイル公式アカウント

利用状況・契約情報などをすぐ確認できます。

ドコモユーザーは勿論、ワイモバイルユーザーもラインモバイルへスマホそのままで乗り換えられます。

ひか

ラインモバイルのドコモ回線、なかなか使えそうだ♪

かずき

今ドコモを使ってる方にほんとおすすめだよ!

更に詳しく、ラインモバイル公式サイトもご覧ください。

なお、ドコモ回線の格安SIMを販売しているMVNOには、「マイネオ」「ビッグローブモバイル」「nuroモバイル」があります。

ドコモユーザーの方・LINEアプリをいつも使ってる方・月々のスマホ代を節約されたい方は、ラインモバイルへの乗り換え、ほんとおすすめです!

この記事の著者

かずき
かずき
Kazuki Ohara
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。

お読みいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、よろしくお願いいたします。 ご意見ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。

  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket
  • LINE

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

こちらの記事も読まれてます。