更新日: 公開日:
関連タグ:

【LINE】無料通話のやり方と注意点|通話料なしで会話をしていこう!

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、宜しくお願いいたします(リンクフリー)。ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket
かずき

LINE無料通話、使ってますか?やり方と注意点を覚えておくと通話料なしで友達とたくさん会話を楽しめます!

アプリを使った無料通話が普及はじめ、今更、通話料をかけて友達と電話をしている人は多くはないと思います。

ラインアプリでも無料通話ができ、LINE友達と1対1、LINEグループだと複数人で会話を楽しむ事ができます。

無料通話のやり方は、ライントークから友達やグループを選んで無料通話を選ぶだけ!

通信状況によりますが、比較的高音質で通話ができます。

ラインモバイルを使ってる人以外は、ギガ(データ容量)の消費には気をつけましょう!(長電話はWiFi接続推奨)

当記事では、LINEの無料通話のやり方について解説します。

スポンサーリンク

LINEの無料通話のやり方

LINE 無料通話の使い方

LINEの無料通話を使うには、トークリストから通話をしたい”友だち”を選択し、トーク画面を開きます。

メニューボタンを開くと無料通話があるのでタップすると電話を掛けられます。

また、トーク画面下のメッセージ入力画面右の電話アイコンをタップする事でも電話を掛けられます。

着信を受けた友だち

着信を受けた友だちは、拒否応答の選択ができます。

応答をタップしたら、会話が始められます。

通話料はかかりません!

消音やスピーカー機能も使えます。

音質は、データ通信状態がよければ高音質!WiFi接続時も高音質です。

通話が途切れ途切れになってしまう場合は、場所を変えたり、WiFi接続をして通話をしましょう!

なお、トーク内には”応答履歴”や”不在着信”が残ります。

メッセージをタップすれば、折り返しの無料通話ができます。

LINEの着信音が周りの人と同じだと自分が呼び出しをされてるかわかりません!変更しておきましょう!
関連 ラインのトークメッセージ着信音(通知音)の変更方法を教えるよ!
関連 【LINE】通知音を着信音設定アプリ”PaPatto”でオリジナルにする方法

LINEグループを作って運営してる方・入ってる方は、500人同時に会話ができるグループ通話もあるので、機会があれば試してみて下さい。

また、無料通話は、PC(パソコン)版LINEでも利用できます。
関連 PC(パソコン)でLINEの使い方|ダウンロードしてログイン・設定方法

無料通話はデータ容量の消費に注意!

LINEの無料通話は、データ通信での通話なので通話量はかかりません!

しかし、LINEの無料通話で注意しておきたい事は、通話をする事でギガ(データ容量)が消費されます!

ギガが消費され、通信会社で契約しているプランの上限を超えてしまうと、通信速度の制限を適用されるので気をつけましょう!

ギガ(データ容量)の消費を防ぐには、できるだけ自宅のWiFiや公共のWifiスポットに繋いでから利用しましょう

まぁ、電話がかかってきてすぐWiFiスポットに繋げるのは難しいですが…(汗)

ラインモバイルだとギガを気にせず通話ができます!

しかし、ラインモバイルだとどんだけ無料通話をしてもギガ(データ容量)は消費されません!

LINEで無料通話をよく利用してる方は、LINE運営のラインモバイルに乗り換えると、ギガ(データ容量)を気にせず無料通話をし続ける事ができます!

月々のスマホ代も大幅節約できるので、節約を考えてる方は公式サイトを見てみて下さい。

ビデオ通話(テレビ電話)のやり方はこちら。
関連 【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!
関連 LINE Out Freeとは?広告を見れば無料電話ができ、コールクレジットを買えば安く長電話ができます!
参照 LINE通話の通信量・ギガ数は?

以上、LINEの無料通話のやり方についてでした。

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。


サイト内検索
  • こちらも読まれています!

  •