更新日: 公開日: 著者:
関連タグ:

【LINE】トーク履歴は消えちゃ困る!自動バックアップ機能を忘れずに設定しておこう!

かずき
かずき
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、よろしくお願いいたします。 ご意見ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket
  • LINE
かずき

LINEのトーク履歴のバックアップはしてますか?トーク履歴は消えちゃ困るもの!自動バックアップ機能は忘れず設定しておく事で、機種変してもトラブルが起きても安心して復元できます!

「LINEのトーク履歴をバックアップしないでスマホの機種変をしてしまったー!」

「LINEのトーク履歴がトラブルで消えてしまったー!」

「スマホが壊れてしまったー!」

「トーク履歴を誤って消してしまったー!」

こんな事が起こった時、新しいスマホを用意してLINEをインストールしても最後にバックアップをした日までのトーク履歴しか復元できません

そこで、忘れずに設定しておきたい事として、

トーク履歴の自動バックアップがあります!
※android版LINEは未対応

iPhoneでLINEを使ってる方は、トーク履歴の自動バックアップオンにしておきたいところ!

トーク履歴の自動バックアップをしていれば、故障したスマホ・機種変した新しいスマホに、過去のトーク履歴を簡単に復元する事ができます。

当記事では、LINEのトーク履歴の自動バックアップ設定方法を紹介します!

スポンサーリンク

自動バックアップの手段・条件

自動バックアップの手段

LINEのトーク履歴のバックアップは以下の手段で行われます。

android…Googleドライブへ保存
iOS(iPhone・iPad)…iCloudへ保存

それぞれのクラウドストレージに保存されます。

これまで、どちらも手動でバックアップをする必要がありましたが、先駆けてiOS版LINEが自動バックアップ機能を実装しました。

自動バックアップの条件

自動バックアップは以下の条件で行われます。

  • スマホが電源に接続している状態。
  • スマホがWiFi接続してある状態。

自動バックアップが失敗した際は、LINE公式アカウントから通知が届くので安心です。

自動バックアップが失敗するケースは、

スマホのデータ容量不足」によるものが多いようです。

クラウドストレージに保存するには、スマホのデータ容量の空きを確保しておく必要があるのでお忘れなく!

自動バックアップ設定方法

自動バックアップ設定方法は以下の手順です。

LINEアプリを起動する。

左上の設定をタップ。

設定

設定画面でトークをタップ。

トーク

”トーク”画面でトークのバックアップをタップ。

トークのバックアップ

”トークのバックアップ”画面で、バックアップ頻度をタップ。

バックアップ頻度

”自動バックアップ”画面で、自動バックアップをタップしてオンに!更にバックアップ頻度をタップします。

自動バックアップ

”バックアップ頻度”画面で、頻度を選んでください

バックアップ 頻度
  • 毎日
  • 3日に1回
  • 1週間に1回
  • 2週間に1回
  • 1カ月に1回

連絡が多い方は、毎日が良いでしょう。

”バックアップ頻度”画面から戻る事で自動バックアップの設定完了です。

とりあえず、”トークのバックアップ”画面で、今すぐバックアップをタップして、現状のトーク履歴をバックアップしておきましょう。

LINEのトーク履歴の自動バックアップができる事によって、スマホのトラブル・機種変時もすぐにトーク履歴を復元できるようになりました。

忘れずに、自動バックアップをオンにしておきましょう!

月々のスマホの通信費を節約されたい方はラインモバイルに乗り換えてみませんか?
LINEをはじめ、facebook・twitter・インスタグラム・LINE MUSICなどを通信し放題(カウントフリー)で楽しむ事ができます。

参照 トーク履歴のバックアップ方法

以上、LINEのトーク履歴の自動バックアップ設定方法でした。

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。