更新日: 公開日:

UQモバイルで買えるAQUOS sense2のスペックや特徴をレビュー!

かずき
著者:
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上活用しています。
お越しいただき、ありがとうございます。
もし当記事が参考になりましたら励みになりますので、ブックマークSNSでのシェア・フォローの程、宜しくお願いいたします(リンクフリー)。ご感想ご指摘はコメントにてお願い致します。
  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pocket

AQUOS sense2、今なら安くで買えます!

UQモバイルで、税込11,880円!

1万円ちょっとで人気のAQUOSスマホを買う事ができます!

UQモバイルは、UQ家族割があるので、Sプランだと500円引きの月額1,480円でAQUOS sense2を使っていけます。

AQUOS sense2本体代は別ですけどw

防水防塵・指紋認証・顔認証・おサイフケータイ対応なので、スマホの機種変事を検討されている方は、UQモバイルの公式サイトも確認してみてください。

当記事では、UQモバイルで買えるAQUOS sense2について、スペックや特徴をレビューします。

スポンサーリンク

AQUOS sense2 スペック

AQUOS sense2 スペック比較

AQUOS sense2はUQモバイルから2018年11月22日に発売されました。

前機種のAQUOS senseから丁度1年を経ての発売!

AQUOS sense2は前機種からどのくらい性能アップしたのでしょうか!?

AQUOS sense2とAQUOS senseのスペックは下記です。

スマホAQUOS sense2AQUOS sense
カラーシルキーホワイト
ピンクゴールド
ニュアンスブラック
エアリーブルー
シルキーホワイト
ベルベットブラック
SIMnano SIM×1
Android OS8.17.1
メモリー3GB
ストレージ32GB
CPUSnapdragon 450Snapdragon 430
ディスプレイ5.5インチ5.0インチ
microSDカード最大512GB最大400GB
背面カメラ1,200万画素1,310万画素
前面カメラ800万画素500万画素
サイズ約148×71×8.4mm約144×72×8.6mm
バッテリー容量2,700mAh
重量155g148g
防水防塵○(IPX5/IPX8)
指紋認証
顔認証×
おサイフ/NFC
ワンセグ/フルセグ×
最大下り速度下り最大150Mbps
WiFi規格a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5.0GHz)
b/g/n
(2.4GHzのみ)
Bluetooth4.2
USBポートUSB Type-C

スペックはこんな感じ。

1年経って性能アップしている項目もあれば、据え置きの性能もありますw

AQUOS sense2 特徴

据え置きの性能

AQUOS sense2とAQUOS senseの特徴を比較していきます。

Android OS

8.1 / 7.1

androidはスマホを動かすOSです。パソコンでいうとWindowsのようなもの。
バージョンでUIデザインや機能に違いがあります。

sense2は今後9~にバージョンアップすると思いますが、senseは8止まりでしょう。

メモリとストレージ

メモリ:3GB
ストレージ:32GB

メモリ(処理能力)とストレージ(保存容量)は据え置き

同じ端末価格帯の海外製格安スマホと比べるとメモリ3ギガ・ストレージ32ギガは少ないです(汗)

写真や動画をたくさん保存される方は、micro SDを別途買いましょう。

日本製メーカーには頑張ってもらいたいとこ…。

UQモバイルで同じ日に発売されたOPPO R17 neoのメモリとストレージは、メモリ4ギガストレージ128ギガです。端末価格はあまり変わりません

CPU

Snapdragon 450 / Snapdragon 430

CPU(頭脳)はQualcommというメーカーのSnapdragonが搭載されています。
430から450へと数字がアップしている通り、性能としては約20%ほどアップされています。

しかし、OPPO R17 NeoのCPUは、Snapdragon 660です。

ディスプレイサイズ

5.5インチ / 5.0インチ

端末の大きさはさほど変わってませんが、ディスプレイが0.5インチ大きくなりました

高精細かつ低消費電力化のIGZO液晶ディスプレイはsense2でも健在!

画質は液晶テレビAQUOSの技術と同じ色域の広い「リッチカラーテクノロジーモバイル」が搭載されていてとても綺麗です。

背面カメラ

背面カメラ

1,200万画素 / 1,310万画素

今の格安スマホの背面カメラはデュアルカメラ(レンズ2つ)が主流ですが、レンズは1つ。何故か110画素少なくなってますw

まぁ、写真のデータ容量が大きくなるので写真サイズをフル(1,200万画素(縦4,000×横3,000))で撮影している人はいません。
写真サイズはカメラの設定で切り替えができます。

F値 2.0(焦点距離24mm相当)なので、デフォルトで明るく撮れます。

前面カメラ

800万画素 / 500万画素

背面カメラの画素数は減りましたが、その分、前面カメラの画素数は増えています。

自撮りされる女性が多いので、前面カメラの性能アップに視野を向けたのでしょう。

なお、OPPO R17 Neoの前面カメラの画素数は、AQUOS sense2の約4倍の2,500万画素です。

F値 2.2(焦点距離23mm相当)なので、背面カメラより明るく撮れます。

生体認証

生体認証

AQUOS sense2は指紋認証に加え、顔認証が備わりました。

ディスプレイに顔を照らすだけ

設定すれば、ディスプレイに顔を照らすだけで画面ロック解除や認証などができます。

日本のスマホメーカーでは初?!

iPhoneXZenFone 5、OPPO R17 Neoも顔認証搭載しています。

WiFi規格

a/b/g/n/ac / b/g/n

何これ?と思うかも知れませんが、AQUOS sense2はacに対応しています。

ac対応と言う事は超高速WiFiに対応しています。自宅のインターネット回線が光の場合、電波干渉を抑え、動画や音楽などの大容量コンテンツを快適に楽しむことができます。

AQUOS sense2AQUOS senseの主な違いはこんな感じ。

その他、気になるスペックと言うか仕様は下記。

おサイフケータイ

おサイフケータイ

格安スマホでおサイフケータイ対応の端末は少ないです。
人気の海外製格安スマホでも対応されていません。

日本のメーカーであるAQUOSスマホは、基本的に日本人向けということもありばっちりおサイフケータイに対応しています。
いつも使うカードを登録して財布を鞄から出さずにスマホで決済していきましょう!とってもラクです。

防水・防塵対応

防水防塵も海外製格安スマホではほとんど対応していません。

IGZO液晶ディスプレイは濡れた手でもタッチ操作がしやすいので、台所にスマホを置いていても安心です!

注意点としては、USB Type-C端子にできるだけ水滴などが入らないようにしましょう。

急速充電対応

充電ケーブル端子はUSB Type-Cなので急速充電に対応しています。

AQUOS sense2は、日本製のスマホとしては海外製スマホに実装されているような新しい技術が取り入れられているスマホです。

UQモバイルで買えるAQUOS sense2の料金

AQUOS sense2のUQモバイルでの料金は下記です。

一括払い

10,800円(税込11,880円)

分割払い(24回)

頭金0円+月々495円(総額11,880円)

分割払い(36回)

頭金0円+月々330円(総額11,880円)

端末代と別に”スマホプランS/M/L”の申し込みがあります。

日本製であり日本人向けに特化されているので、是非機種変更の候補にいれてみてください。

以上、UQモバイルで買えるAQUOS sense2について、スペックや特徴のレビューでした!

ご質問・体験レビュー等ありましたらコメントいただけると幸いです。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・読者様の体験レビューも是非書き込みお願い致します。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。


サイト内検索
  • こちらも読まれています!

  •