更新日: 著者:

iPhone(Apple Pay)でSuicaを使うメリット・デメリット!

  • はてなブックマーク
  • facebook
  • twitter
  • Pocket

iPhone(Apple Pay)とSuicaの組み合わせ、最高に便利です!

iPhoneをいつも使っているのに、電車やバスの乗車で交通系ICカードを使ってる方、コンビニやガソリンスタンドで現金払いをしてる方は本当に勿体ない!

iPhoneやApple Watchを持ってる方は、必ず端末に電子マネーSuicaを登録しましょう!

アプリでは、使ってるSuicaカードの取り込み・バーチャルカードの発行ができます。

当記事では、iPhone(Apple Pay)でSuicaを使うメリット・デメリットを紹介します。

iPhone(Apple Pay)でSuicaを使おう!

iPhoneでSuicaを使おう!

SuicaはJR東日本が提供する電子マネーです。
JR東日本アプリの使い方!電車の運行状況・遅延情報・Suicaの残額確認に便利!

駅の自動券売機やみどりの窓口ではプラスチック製の交通系ICカードを発行できます。

価格は1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円から選べ、預り金(デポジット)500円が加算されます。カード返却時に500円は返金されます。

しかし、iPhone・androidスマホではSuicaアプリをインストールすれば、端末内にSuicaを発行・登録できます。年会費も預り金もなく、チャージ以外に費用はかかりません。

Suicaは一応、交通系電子マネーですが、電車やバスに乗る以外にもSuica対応店舗で買い物もする事ができます

交通系ICカードには、Suicaをはじめ、ICOCA・PiTaPa・PASMO・SUGOCAなどありますが、iPhoneに登録できるのは今のところSuicaのみです!

関東以外では、Suicaは買い物の為のICカード(電子マネー)だと思われてるかも知れませんw

iPhoneでSuicaを使うメリット・デメリットをあげていきます。

iPhoneでSuicaを使うメリット

iPhoneでSuicaを使うメリット

Suicaカード要らず!

iPhone内にSuicaを発行できるので、ICカードを別途買う必要はありません。

ICカードを買う際の預り金(デポジット)も不要です。

現金要らず!

いつも使ってるiPhone7以降・apple wacthで電車やバスに乗れたり、コンビニでの買い物もできます。お金のやりとりをしなくて済むので楽ちんです。

Touch ID/Face ID無しでかざして決済(非接触)!

Suicaアプリの設定にある”エクスプレス”をSuicaに設定すると、かざして決済(非接触)時、Touch ID/Face ID認証無しで決済ができます。カードを複数登録された方は確認をしましょう。

Suicaの使い分けができます!

別途購入したSuicaカードやSuica定期券など、複数登録・管理できます。プライベート用・仕事用など区別できます。

簡単チャージ!

Suicaアプリで簡単にお金のチャージができます!残金が少なくなったらすぐチャージができるし、ビューカードを登録していればオートチャージもできます。

決済用カードも複数登録できる!

Suicaアプリには、クレジットカード・プリペイドカードなど複数登録でき、チャージ時に選ぶこともできます。

ポイント還元の高いクレジットカードを使っていきましょう!

利用履歴を確認できます!

Suicaアプリで利用履歴を確認できます。

キャッシュレスだといくら払ったかわからない?

「キャッシュレスだといくら払ったかわからない?」という人も問題無しですw

プラスチック製のSuicaカードで利用履歴を確認するには、駅の専用端末を使う必要があるので手間です。

各切符もアプリで買えます!

  • 定期券
  • Suicaグリーン券
  • モバイルSuica特急券

これらもSuicaアプリで買う事ができます。

Suicaアプリで買う事ができます

iPhoneと実際の定期券、どちらが忘れやすい?紛失しやすい?

Suica定期券を発行すれば、みどりの窓口に並ぶ事も紛失する事も無く電車やバスに乗れます。

子供の切符もキャッシュレスで!

私の一押し!

駅の自動券売機には、Suicaのかざして決済(非接触)に対応しているものもあります。

子供の切符を買う時も現金要らずでキャッシュレスで買う事ができます。子供用の切符を保有する必要がありますが凄く便利です。

iPhoneの電源オフでも使える!

iPhoneの電源が入ってなくても”かざして決済(非接触)”ができます。バッテリー残量が0じゃなければ使えます。

機種変更しても安心!

iPhoneから新しいiPhoneへ機種変更をしてもチャージ金額は引き継げます。

機種変更する際は、旧iPhoneのWalletアプリからSuicaを削除して、apple IDで新iPhoneにログインしてWalletアプリでSuicaを追加するだけ!

apple ID

チャージ金額などはapple IDに記録されてるので安心して機種変更はできます。

払い戻しもできます!

iPhoneでSuicaを使わなくなった!androidスマホに機種変更する!

予定が変わって予約してた電車に乗れなくなった!

そんな時は、チャージしたお金を銀行口座やクレジットカードに払い戻しする事ができます。

iPhoneでSuicaを使うデメリット

デメリットは特に無いですw

デメリットと思った方は使わないはず。

iPhoneにSuicaカードを登録したりクレジットカードを登録したりする事で、情報漏えいなどセキュリティが不安って方は使わないように。

しかし、Touch IDやFace IDで守られているiPhoneとプラスチック製のSuicaカード、どちらが紛失した時のリスクが高いでしょうか!?

iPhoneは別iOS端末で紛失したiPhoneの現在地を知る事ができますが、紛失したプラスチック製のSuicaカードの現在地を知るのは難しいです。天使さんに拾われると良いですが、悪魔さんに拾われたら不正利用・盗用は容易です。

iPhoneにSuicaを登録する事はセキュリティ対策になる事も覚えておいて欲しいです。iPhoneを紛失した際は、「iPhoneを探す」機能で見つけ出しましょう!

ちなみに、iPhone(Apple Pay)に登録したSuicaは”かざして決済(非接触)”ですが、”QRコード・バーコード読み取り決済”のLINE Payペイペイ楽天ペイなどもあるので、併用していくと更に買い物で得をしていけます。

参照 iPhone – Apple
参照 JR東日本:モバイルSuica

以上、iPhone(Apple Pay)でSuicaを使うメリット・デメリットの紹介でした。

この記事の著者

かずき
かずき
Kazuki Ohara
兵庫県神戸市在住、鹿児島生まれ。スマホ(android/iPhone)やガジェットが大好きで、親子で使い倒しています。LINE・facebook・TwitterなどSNSは10年以上、格安SIM・格安スマホは5年以上使ってます。ポケモンGO(青)もしてます♪

ご意見・ご質問ありましたらコメントください。

コメント利用規約
・誹謗中傷、過激かつ攻撃的なコメントはIPアドレスを明記して公開する場合があります。
・コメント機能は予告なく廃止する場合があります。
コメント欄が無い記事はコメントを受け付けていません。

こちらの記事も読まれてます。

 

運営者(登場人物)は、スマホ・ガジェットが大好きな実在する親子です♪

使い方・レビュー記事のアイテムは実際に買って長く使ってます♪

運営者情報